夢と戦極

安直なタイトルでありますし、つまらないかと思いますが、格闘技の情報や感想を多く更新できたらと思います。よろしく御願いします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなる戦極~ルールやこれから~

大それたタイトルではありますが、ただ単に自分なりの考えを書くだけです。



戦極までもうすぐということで、戦極を物凄い微々たる力で応援していこうと思っています。




戦極のことを國保さんなどの意見を聞くことはできるけど、自分は戦極に協力している日本レスリング協会福田会長の話をかなり聞きたかったです。やっぱり一番威厳あるし、世界にも通じていますし。
格通NO.441にて、インタビューされていたので、とても面白かったです。新しいイベントだし、選手の意見よりももっと裏方さんの意見を聞いていきたいんですけどね。

1.レフェリーやジャッジについて
●PRIDEジャッジでお馴染み、小林孝至氏や大橋正教氏が協力。日本レスリング協会の中からも育てていく。

小林さんや大橋さんはやっぱりコチラなんですね。ということは、ダン・ヘンも参戦するならコチラにして欲しいですね(笑)。
話からすると、そのお二人はジャッジとしてリングに上がるみたいですね。PRIDEの時はそういう経験無いと思うので、ここら辺でグタグタにならないことを望みたいです。

2.ルール
●サッカーボールキックは禁止。
●コミッショナーが試合に立ちあい、微妙な裁定はその場でビデオチェック。
●筋肉増強剤の検査は特に厳しく。出場停止の期間を設ける。

どんどんサッカーボールキックが禁止されていきますね。数年前まであんなにバコバコ蹴っていたのに……ショーグンが主だけど(笑)。
最近、よく格闘技をあまりよく知らない人や興味ない人にサッカーボールキックやストップを早くすることについて聞くと、大抵不満だと答えられるんですよね。やっぱり完全決着を望んでいるのかもしれませんね。

ビデオチェックをその場でやるみたいなのですが、リングにレフェリー立たずに遠隔で支持すればいいのに。まあそれが世界的にも認められているから仕方ないんだけど。

筋肉増強剤というと、今回のサイボーグとか大丈夫ですよね? 海外で試合もしていますし。それだけが心配です。まあ、最初から厳格にしていけば、選手も気を引き締めると思います。DREAMのほうはそういうのについて結構甘いかなという偏見があるので、そういう部分から差別化が始まっているのかな。

3.今後について、そしてDREAMとの関係
●いずれはトーナメントを。
●藤田選手には後輩だけれど声を直接かけていない。
●DREAMは意識せず、まずは戦極をしっかり。
●KID選手や宮田選手にはそれぞれ頑張って欲しい。
●パンクラスや修斗などとは担当者クラスでは話し合っている。
●ドン・キホーテが中心となり総合格闘技の道場を池袋に作っている。
●戦極の目指す道は“世界一強い男は誰だ”。
●日本各地のジムに総合格闘技協会への加盟を呼びかけていく。

DREAMに関しても戦極に関しても、成功するなんて全然わからないですからね。DREAMだって、全試合PRIDE組がサッカーボールキックしてノーコンテストになり「んあ~」かもしれないし、戦極すべてKO決着かもしれないし。それに五味選手が勝ち進んで大晦日に試合するにしても、貸し出すなんておかしいですよ。つぶし合いになる訳ですから。数年は必要ですよね。

総合格闘技道場を作っていくそうなんですが、これは戦極に参戦する外人選手が練習したりする場所にするんですかね。なんかこういう道場って、各地にジムある訳だから、改めて作る必要あるのかなと疑問に思ってしまうのですが。技術交換の場にするんですかね。それかDEEP道場みたいな感じか。ドン・キホーテの本気度にビックリ。

戦極の長所として、レスリングの選手が大挙転向するかもしれないということ。今年は五輪もありますから、メダリストが即参戦だって有り得ない訳ではないし、各国のアマレスラーが底辺となれば、世界各国から猛者が来るかもしれないですからね。
そういえば以前榊原さんがアマレスの国際大会に視察に行って、とてつもなく強いと言われている選手に会ったり、説明会みたいのを開いていましたね。あんまり好感触ではなかったようですが。でも福田さんが起点となって呼びかけていけば、いずれ意識が変わっていくんじゃないですかね。
DREAMは、他リングで育てた選手を誰と戦えば面白いかを提供する場なので、シンボルみたいな選手はいらないんですよね。試合がシンボルというか。戦極なんかは育てる気満々みたいですから、各階級に五味選手とかトップを据えといて、そこを目指させる。完全に興行性を捨て去ることは出来ないし。DREAMはまずそれを決める戦いから始めると言うことで、選手を囲うだけで充分というか。





そういえば、紙プロのジョシュのインタビューで面白い部分があったんですよ。

――オファーがあったのはいつですか?

ジョシュ 年末ぐらいかな。パンクラスを通じてオファーがあったんだ。「『戦極』というイベントが立ち上がるから、一緒に仕事がしたい」とね。(略)パンクラスのためにも、このリングで闘うと決意していたのにね。



これはパンクラスがジョシュの戦極参戦を仲介したと言うことですよね。ジョシュもパンクラスの為に試合をすると言っていますし、戦極-パンクラスのラインは強力になっていくかもしれないですね。つまりパンクラスがジョシュを貸し出すともとれるから、戦極継続参戦はほぼ決定的かな。対戦相手をまず確保しろって話ですが(笑)。




近々参戦希望選手について記事にしようかと思っています。


↓平成のサンテルvs柔道なので、クリック御願い致します。

↑素晴らしいブログに出会えます。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1530.blog95.fc2.com/tb.php/104-6e091402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。