夢と戦極

安直なタイトルでありますし、つまらないかと思いますが、格闘技の情報や感想を多く更新できたらと思います。よろしく御願いします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修斗感想

かなり遅くなってしまった……。

▼第5試合 フェザー級 5分3R
○上田将勝(06年度新人王/パラエストラ東京)
一本 3R2分00秒 ※スピニングチョーク
●田澤 聡(同級環太平洋7位/GUTSMAN・修斗道場)



いやさぁ……、上田選手強すぎじゃないですか?
サムライの放送でこの試合が最初だったのですが、いきなり凄い選手を見せてもらった感じです。驚いた。
上田選手に関して、これからかなり注目していかないといけないなと思いました。
田澤選手というランカー相手に、良いところ無く封じられるかと思ったら、逆でした。厳密に言うと違いますが。

最初のね、がぶりからのチョーク狙いが、いつ極まるか解らないから、目が離せなかったし、それを返されても動じずに対応していたし。
2Rは、打撃を披露。上からのパウンドの連打。上手くかわしていたのは流石田澤選手という感じでしたが、そこをちゃんと当ててダメージを与えることが出来るようになれば、もっとおそろしいことになりそう。
3R、1Rと同様の展開になったなぁと思ったら、田澤選手は精神へのダメージの方が大きかった。試合後の涙がそれをあらわしていると思う。

ちょっと……田澤選手の良さも出たので、また這い上がってきてくれることを期待しますが、上田選手のコレからの方も楽しみ。穴がない。修斗恐るべし。




▼第6試合 ライト級 5分3R
○ウィッキー聡生(同級環太平洋10位&06年度新人王/シューティングジム横浜)
判定 2-1 ※30-28、28-29、29-28
●門脇英基(同級環太平洋8位/和術慧舟會東京本部)



自分はウィッキー選手の勝利だと思っていましたが、門脇選手の方が攻めていたなぁとも思えますし。勝っていたという雰囲気を創り出したウィッキー選手の凄さか。

それにしても。
「へなちょこフットワークだ! そうそうそう。相手やりづらそうだろ!」
ってセコンドからの声が面白かった。せっかくあの構えにも慣れてきたのに(笑)。




▼セミファイナル ライト級 5分3R
○佐藤ルミナ(同級世界2位/roots)
TKO 1R1分21秒 ※ヒザ蹴りによる出血でドクターストップ
●アウグスト・フロタ(同級欧州2位/スイス/チーム・フロタ)



流石という展開。
ルミナ選手のリオン選手への挑戦がほぼ決定。こりゃあ盛り上がるぞぉ。
ルミナ選手に勝って真の王者というリオン選手、確かにそうかも知れないですね。

でもあのマイクは長すぎたかも……?




▼メインイベント 世界バンタム級チャンピオンシップ 5分3R
△BJ(同級世界王者/勝村道場)
ドロー 判定 1-1 ※30-29、20-29、28-29
△漆谷康宏(同級世界1位/和術慧舟會RJW/挑戦者)
※BJが初防衛に成功






とても面白い、修斗の良さが十二分に出た興行だったと思います。

ルミナ選手の復活やタイトル挑戦確定よりも、やはり上田選手に限りますね。いやぁ、それまで注目されていた方は「ほれ見たことか」って感じなんでしょうね。凄い。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1530.blog95.fc2.com/tb.php/49-cd103d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。